メディカルハーブー45   ラズベリーリーフ

ラズベリーのきれいな赤い実は、酸味を含んださわやかな甘みがあり、ヨーロッパでは古くから親しまれてきました。中世には栽培も始まり、多くの変種が生まれました。

このハーブが注目されたのは、出産を楽にする効果が確認されるようになったからです。自然分娩が一般的だった時代は、大変重用されました。

出産が近くなった時期にラズベリーのお茶を定期的に飲むと、子宮と骨盤の筋肉を強くして、妊婦の負担を軽くしてくれます。

Img_7489

子宮収縮作用もあるので産後も飲み続けると、体力の回復に役立ちます。母乳の出を良くするとともに栄養価も高まります。

子宮収縮作用がありますので、妊婦が飲み始める目安は出産予定の2~3カ月前くらいからにします。

また、子宮に働きかける作用が強いので、生理痛の緩和にも強い効果を発揮するほか、下痢を抑え、喉の痛みや口内炎の症状改善に役立ちます。

◆ 和名  ヨーロッパキイチゴ

◆ 学名  Rubus idaeus

◆ 主要成分 フラガリン、タンニン、ポリペプチド、ビタミンA、B、C、E、糖類、カリウム、カルシウム

◆ 作用   収斂作用、子宮強壮作用(子宮や骨盤の筋肉の強化)、子宮刺激作用、消化促進作用

 

This entry was posted in ハーブとハーブティーの話, メディカルハーブ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing