ハーブティーについて

自然療法のすすめ

イメージ

ナチュロパシーということばをご存知でしょうか?
わたしたちの心身が不調をきたしたとき、人が本来持っている(あるいは持っていた)自然治癒力・自己回復力など、内部の力である自己調整機能に働きかけ、健康をふたたび取り戻そうという考え方で「自然療法」と呼ばれています。


ハーブとは、人々の生活にとって有用な働きを持つ植物の総称です。
欧米では古くから傷を負ったり患ったりしたとき、様々なハーブがその治癒に用いられ、伝承されてきました。

近代になってこれらに科学的な解析が施され、なかでも薬理効果を持つハーブはメディカルハーブ(薬用植物)として分類され、近代医学にもその有効成分を取り入れられてきた歴史があります。

メディカルハーブは、科学性を兼ね備えたナチュロパシーの一分野ともいえます。
WHO(世界保健機関)は、1974年に近代医学だけでなく、その地に根付いている自然療法を採りいれるように提言しています。

ハーブの力で自己回復の向上を

イメージ

ハーブスクエアではメディカルハーブの有用性に着目し、複数のドライハーブを組み合わせ、自然治癒力、自己免疫力の向上につながるブレンドハーブティーをつくりました。
その数はさまざまな悩みに合わせて50種類以上にのぼります。
原材料には無農薬、無化学肥料栽培のハーブを使用しています。
体調の改善にぜひ一度、お試しになってはいかがでしょうか。


美味しいハーブティーのいれ方・飲み方

イメージ

1. ブレンドハーブティーは袋から平らな密閉容器に移し替えておきます。細かいハーブも偏らずにすくいやすくなります。(冷蔵庫保存をおすすめします)

2. ティーカップ1杯(約150ml)にティースプーン山盛り1〜2杯を目安にポットに入れます。慣れてきたらお好みで量は調整してください。ポット以外にフタ付きマグカップでも便利です。

3. 沸騰したお湯を注ぎ、フタをして5〜10分(実や根などが入っているものはさらに長めに)蒸らします。短いと成分が抽出しきれない場合があります。

4. ティーカップに最後の一滴まで注ぎます。最後の一滴に有効成分が凝縮されています。

5. 1日2〜3回を目安にお飲みください。食前など空腹時が消化器の吸収が最も良く、効果的です。お好みでレモンやハチミツを加えたり、アイスにしても美味しいです。

【ご注意】ハーブティーは医薬品ではありません。健康食品としてご飲用いただくものです。万が一具合が悪くなった場合は、直ちに使用をやめ医師にご相談ください。キク科などのアレルギーのある方は飲用をお控えください。また妊娠中や病気療養中で状態の安定しない方は、医師にご相談の上お飲みください。


ページの先頭へ