メディカルハーブ-24    ラベンダー

ハーブといえばラベンダーが思いつくほど誰でもが知っていて人気が高いハーブの一つです。「香りの庭の女王」の異名を持つすばらしい香りと花色が、人々を惹きつけるのでしょう。 

      Img_2314

ラベンダーの名前は、「洗う」というラテン語に由来します。古代ローマでは、公共浴場の入浴剤として使っていたほか、洗濯や衣類の芳香付けとしても使用されていたといいます。

           Img_4941

強い鎮静作用がありますので、イライラするときや不安感があるときに飲むと気持ちが鎮まり、リラックスできて不眠にも有効です。

頭痛や生理痛、ストレス性の高血圧、あるいは口臭や腹痛を緩和して、お腹にガスが溜まっているときにも効果があります。

◆ 和名     真正ラベンダー

◆ 学名     Lavendula angustifolia (L.officinalis) 

◆ 主要成分  ボルネオール、ゲラニオール、ラバンドゥロール、リナロール、酢酸ゲラニル、酢酸ラバンドゥリル、酢酸リナリル、シネオールなど

◆ 作用     強心作用、強脾作用、駆風効果、殺菌作用、鎮頸作用、鎮痛作用、鎮静作用、消炎作用、血圧降下作用、抗うつ作用、胆汁分泌促進作用、抗ウイルス作用、強心作用、抗けいれん作用、細胞成長促進、殺真菌作用、通経作用、発汗促進作用、瘢痕形成作用、鼻粘液排出作用、デオドラント作用

 

This entry was posted in ハーブとハーブティーの話, メディカルハーブ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing