自然いま咲いているガーデンのハーブと草花-5

ポンポン玉のような花をつけるチャイブです。仏語でシブレットといい、フレンチ料理ではよく利用されます。日本のアサツキに似ていますが、はっきりとした鱗茎ができず夏眠もしません。

香りが繊細で、刺激性のあるネギ臭もすくないので結構、和食をはじめさまざな料理に利用できるハーブです。

     2_2

5月24日付けの欄で、クリーピングタイムの花をご覧いただきましたが、今日はコモンタイムの花です。木立性のタイムです。

用途は料理、ハーブティーなど食用、香料、ポプリ、クラフトなど広く利用できます。

     Photo

こんなきれいな花が野生種?と首を傾げたくなるレッドキャンピオンです。ヨーロッパや北米では、草原や荒れ地などに野生化して生えています。

     020_4

耐寒性もあり、日当たりと水はけが良ければ土を選ばないので育てるには楽です。そして花と葉はサラダや野菜料理、スープにいれるなどして食用としても使えます。

     024

 

淡青色の5弁花を茎頂につけるペレニアルフラックスです。細い直立性の茎が風にそよぎ、花をゆらゆらと揺らす様子は「花は強し」の感をいだかせます。
フラックスの花色は、陽が高く昇らないうちは青色が濃く、昇るにつれ淡くなります。

種はペンキなどの原料となる亜麻仁油になりますし、茎はリネン(亜麻糸)に利用されます。

     1

可憐な花をのぞかせるリクニスです。ピンク花もあります。

     1

This entry was posted in ハーブガーデン, ハーブガーデンと安曇野の自然. Bookmark the permalink.

2 Responses to 自然いま咲いているガーデンのハーブと草花-5

  1. ドラいちばん☆ says:

    遠く福岡にいながらも、ガーデンの美しい花々や安曇野の懐かしい風景を拝見できることがとても嬉しく、毎回の更新をとても楽しみにしております。ガーデンのお手入れもお忙しいことと思いますが、無理のないペースでの更新で、これからも素敵な風景や花々を見せて頂けましたら幸いです。

  2. まき says:

    ドラいちばんさん、こんにちは。
    ブログご覧いただき、ありがとうございます。
    これからも安曇野の風をできるだけ、送り届けることが
    できれば…と思っています。
    ところで、今年の龍、もっとがんばらなくちゃー。鯉は
    相変わらずですけど…。巨のつく人に独走させないよう、
    お互い声援しなくちゃなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing