レンガ積み職人が遺した建造物~信州編   貴重な水をもたらし現役で働く茶臼山配水池(諏訪市)

眼前に諏訪湖を望む諏訪市上諏訪地区は、古くから湧水もなく井戸を掘っても水脈がなく、町の大部分は古くから角間川やそれを用水路で分けて引いた水に頼らざるを得なかったといいます。

Img_3280

しかし、上流域に大量の雨が降ると濁流となり、たちまち飲み水に窮しました。

このような時、湧水が得られる集落では、「水見舞い」として大きな漬物桶のような容器に入れて、親戚や知人宅に配り歩いたといいます。

Img_3282

明治の後期に村内の水質調査をしたところ、飲用に適さない「不良」の結果がでるところも多かったという結果があります。

Img_3286

いったん川筋などに伝染病などが出ると、たちまち全町に伝播しかねない危険極まる状況にありました。

ですから上水道の設置は、早くからの懸案でした。

Img_3287_2

上諏訪町(現諏訪市)は、明治36(1903)年、中央線が開通したことを好機ととらえ町営水道を造ろうとしますが、水源とする集落は強く反対し曲折をたどります。

Img_3294

大正11(1922)年になって角間川上流の水源地元との水利権問題もようやく解決し、茶臼山に配水池を造成することになり起工式が行われました。

工事が始まった翌年、関東大震災に見舞われ湖畔一帯は相当の被害を被りますが、水道工事は被害を受けず同13年に竣工します。

Img_3279

レンガを貼った配水池と管理棟、貯水槽点検棟は、この時に建てられたもので、県内の町村では屈指の古さを誇り、いまも現役で稼働しています。

 

Posted in 道草しながら… | Leave a comment

漆喰細工を尋ねる旅-6   秀麗な裏富士がある旧商店(山梨県北杜市)

山梨県の旧小淵沢町、旧長坂町など8町村が合併してできた北杜市の旧須玉町下津金地区に鏝絵のある蔵が建ち並びます。

この下津金地区に明治・大正・昭和の三代にわたって建てられた木造建築の校舎があります。

004

明治校舎(旧津金学校)は、明治の文明開化期に西洋建築の洋風デザインの要素を強く取り入れながらも、伝統的な日本の建築技術を持つ宮大工や左官職人たちによって建てられた擬洋風建築で、明治8(1875)年に落成しています。

昭和60(1985)年に閉校するまでの110年間使用されてた校舎です。その後解体されたものの残っていた創立当時の部材で復元し、現在は須玉歴史資料館として使用されています。

025

古い学び舎と静かな農村風景が残るただずまいは、懐かしくどこかホッとする雰囲気があります。そこに20点余りの鏝絵が残っています。

今は閉めてしまった店の正面に、屋号を書いた鏝絵と富士山を眺望した鏝絵が飾ってあります。

024_2

山梨県といえば裏富士の雄姿が思い浮かびますが、鏝一本で秀麗な姿に仕上げた裏富士に鏝絵師の郷土愛が見えてきます。

店の横に回ると妻面にも鏝絵があります。

021

岸壁に押し寄せる逆巻く波と千鳥が描かれています。

020

岩肌と白波は荒々しさを表現するように、立体的な造形になっています。

伝統的な左官職人の技術は、明治に入り洋風建築を次々と建てることができるほど高いレベルにありました。こうした技術は洋風建築の装飾をより豊かなものにし、優れた漆喰装飾を残してきたともいえます。

 

 

Posted in 道草しながら… | Leave a comment

メディカルハーブー50   アグリモニー

アグリモニーはヨーロッパと北アジア原産の多年生植物で、黄色い花穂をつけます。

名前の由来は、肝臓病と中毒の治療に用いた古代ギリシヤ王ミトリダテス6世エウパテルにちなんで名付けられたといいます。

Img_3933

メディカルハーブとして用いるのは、主に粘膜への治癒作用と収斂による止血作用としての利用が多いようです。

歴史的に見ると、サクソン王国の時代から傷の手当てに用いられ、15世紀には銃創の治療薬「アルケブセード水」の主成分とされました。このハーブに多量に含まれるシリカが、薬効の源と考えられていました。

アグリモニーは、冷性の収斂薬ともいえますので、下痢、気管支炎、尿路感染症などの「熱」症状に用いると炎症、粘膜、毒素を取り去り、治癒を助けます。

皮膚の炎症や潰瘍によく効き、切り傷の出血を止めます。

夏の開花前から開花し始めたころに採集します。

 

◆ 和名  セイヨウキンミズヒキ

◆ 学名  Agrimomia eupatpria

◆  主要成分 タンニン、シリカ、アグリモニン、フラノクマリン、多糖成分、精油、苦味成分、フラボノイド、ミネラル類、ビタミンB、C、K

◆ 作用   収斂作用、鎮痛作用、鎮頸作用、組織治癒作用、抗結石作用、抗バクテリア作用、利尿作用、止血作用、胆汁分泌促進作用、抗ウイルス作用、消化系の強壮作用、通経作用、解熱作用

* ワルファリンなどの抗凝血剤との併用はできません。

 

Posted in ハーブとハーブティーの話, ハーブティー, メディカルハーブ | Leave a comment

8月の営業日のご案内

8月8日(木)から20日(火)までは休むことなく営業いたします。

どうぞ ご利用くださいませ。

通信販売も同じくお申し込み受付いたします。

なお、8月21、27、28日はお休みさせていただきます。

詳しくは「アクセスと営業日」ページの年間営業日カレンダーをご覧ください。

 

 

 

Posted in 営業についてのお知らせ | Leave a comment

志賀高原はニッコウキスゲ、コマクサなどの高山植物が見ごろです

北信濃の志賀高原・東館山(ひがしだてやま)はニッコウキスゲ(ゼンテイカ)の群落で知られていますが、今が見ごろとなっていて眩いばかりの鮮やかな黄橙花が楽しめる時季を迎えています。

ボランティアガイドさんも「今年のキスゲは色も鮮やかで、”当たり年”といえるでしょう」と話しています。

Photo_7

東館山は標高2,000mありますが、この斜面を利用して冬はゲレンデとなっていてここにニッコウキスゲが群生しています。

発哺(ほっぽ)温泉からゴンドラリフトが出ていて、子どもや足に自信のない方でも8分ほどで気軽に頂上へ行けます。

2_2

ゲレンデ一面に群生していますので、ゴンドラリフトの下に帯状に続くニッコウキスゲを上空から眺めながら山頂まで行けます。

ニッコウキスゲは、朝開花し夕方に散る一日花で、花は漏斗状に開き花びらは6枚あります。

Photo_8

頂上に着くと、東館山山頂エリアの南斜面に設けられた高山植物園になっています。エリアは約10万平方メートルあるといいますが、この植物園に志賀高原に自生する500種類の高山植物が植えられています。

高原を吹き抜ける涼風の中、初夏を代表するコマクサなど高山植物がたくさん花つけています。

Img_9346

Img_9347                           コマクサ

Photo_15                         ハクサンフウロ

Photo_9                         ヤマノコギリソウ

Photo_10                         ハクサンオミナエシ

Img_9308                         モミジカラマツ

Photo_11                        ミヤマアヤメ

Photo_12                        ミヤマダイコンソウ

Photo_14                           ヒカリゴケ

Img_9366

Img_9367                         ミヤマオダマキ

Photo_2                        キバナミヤマオダマキ

Photo_3                           シャジクソウ

Photo_4                       イブキジャコウソウ

Photo_5

Photo_6                            ドイツトウヒ

Photo                          キヌガサソウ

Img_9338                           アカモノの実

Img_9330                         サンカヨウの実

Img_9382                          ヨツバヒヨドリ

Img_9369                           イワベンケイ

Img_9322                            チダケサシ

Img_9329                          タカネコウリンカ

Img_9352                           ヤナギラン

東館山高山植物園は、7~8月にかけて次々と高山植物が花咲き、見ごろが続くといいます。

 

 

Posted in ハーブガーデンと安曇野の自然, 道草しながら… | Leave a comment

本格的なスープカレーのおいしさが実感できる「ハンジロー」

横浜・綱島のスープカレーの人気店が安曇野市に移転して来ました。オープンして間もない「スープカレー ハンジロー」です。

こちらのシェフ、スープカレーで名の通った「札幌らっきょ」で修業し、横浜でハンジローの味を作り上げ移転してきたのですから、安曇野に住む人たちにとってはこんなラッキーなことはないかもしれません。

Img_9238

店は、R147を松本方面から走って来て穂高・常盤町の信号を右折して300mほど行くと常盤橋がありますが、橋のすぐ手前左手にあります。

Img_9235

店内のカウンター席から目の前に高瀬川の支流の流れが見えますし、テラス席に座ると心地よい風と川音を聞くことができます。

Img_9240

ここで本格的なスープカレーの味が楽しめます。ベースのスープが牛スジ、鶏など3種でしっかり作ってありますので旨みが実感できます。

ランチ(11:00~15:00)とディナー(17:30~21:00)のメニューが違います。ランチは「彩り野菜のスープカレー」(Aラン チ=1,380円)をベースに、これに信州ハーブ鶏が加わったBランチ(1,480円)、香味豚のローストになるとCランチ(1,580円)で、いずれも 五穀米かバケット、ドリンク、デザート付きです。

カレーの辛さはバラエティーで、0番から30番までとなっていてチョイスできます。スタンダードは1~5番で、2番が通常、家庭用カレールーの中辛レベルです。

Img_9242

上の画像は、ディナーメニューの「骨付きチキンと 彩り野菜のスープカレー」(1,400円)です。素揚げ野菜がたっぷりで、ナスには隠し包丁の目が入っています。スープと揚げ野菜が絶妙の味わいを楽しませてくれます。

下が「森々キノコ焼きベーコンのスープカレー」(1,450円)で、素揚げキノコの量がたっぷり、そして肉厚のベーコンが満足感を与えてくれます。ライスに野沢菜が添えてあり、スープとの相性もピッタリ、箸休めにとても合います。

Img_9244_3

スープとライスの量が大盛り、少なめと選べますし、カットレモン、ニンニクチップ、半熟玉子、ゴーダーチーズ、変わったところでは挽きわり納豆などもトッピングできます。

オープンして間もないのですが、おいしさが口コミで伝わっているようでディナータイムは予約客を優先しているようですので、電話予約した方が良いようです。

 

〔スープカレー ハンジロー 〕 安曇野市穂高4857-1/TEL 0263-82-0688 /定休日 水・木曜日/サイトはこちらです。

 

 

Posted in 道草しながら… | Tagged | Leave a comment

安曇野は珍鳥・メジロガモに湧いています

安曇野は今、本来の生息地でないところに現れた迷鳥(めいちょう)をひと目見ようという人たちが押し寄せ、ちょっとした騒動になっています。

Img_9262

安曇野は毎年、初冬になると遠くシベリアから数多くのコハクチョウやカモ類が越冬にやって来ることで知られますが、春の訪れとともに北帰行しますので越冬地周辺もしばらくは静かになります。

Img_9273

しかし、10日ほど前に国内ではめったに見られないという「メジロガモ」が飛来しているのが発見され、連日新聞やテレビで報道されたこともあり、時ならぬ賑わいになっています。

迷鳥・メジロガモが生息しているのは、例年コハクチョウがやって来る犀川白鳥湖近くの池です。

Img_9275

メジロガモは日本にはめったに飛来することがなく、過去数例しか観察記録がない珍鳥中の珍鳥になるそうです。通常今ごろは、中国西部や中央アジアで繁殖の時季を迎えているはずだといいます。

それだけに珍しさも手伝って、早朝から池の周りを他県ナンバーの車が数多く止まり、大型の望遠カメラを三脚に据えシャッターチャンスを狙っている人たちが列をなしています。この右手にも大勢います。

残念ながらわたしの手持ちのズームレンズでは、この画像が精一杯です。

Img_9193

メジロガモのオスは、体全体が赤褐色という地味色で、名前の由来となったように目(虹彩)が白く尾羽の下側付近も白いのが特徴で、全長40cmくらいです。

Img_9259

数は多くはないのですが、ケガなどで春になっても北へ帰れず次の仲間たちの飛来シーズンまで安曇野で過ごす野鳥たちがいます。

オナガガモ、マガモ、ホシハジロ、オオバン、コハクチョウなどさまざまですが、この日はキンクロハジロ(前を行く白黒のカモ)と仲良くなったようで、ぴったりと寄り添うように水面を右へ行ったり左へ行ったりしていました。

Img_9271

この珍鳥で迷鳥のメジロガモ、いつまで 安曇野に滞在するかまったく分かりませんが、元気にこの暑さを乗り切ってもらいたいものです。

 

 

Posted in 安曇野のいま, 安曇野の自然 | Leave a comment

レンガ積み職人が遺した建造物~信州編   路地裏の堅固な造り蔵(岡谷市)

一方通行路が交差する十字路から、50mほど先に目についた赤レンガの建物。岡谷市塚間町上浜の路地裏です。

高い構造で、遠目からも目を引きます。

Img_7548

通りに面して長く、奥行きはその1/3ほどで、軒もほとんどありません。変わった造りで気になったので訪ねてみたのですが、留守で返答がありません。

Img_7552

通り側は小さな窓枠があり、鋼製の装飾をはめ込み防犯対策を施してあるようです。

Img_7549

外観からすると、これ以外に窓はありません。妻面にイギリス積みされたレンガが屋根まで続きます。

Img_7550

反対側に回ると蔵につながる形で、レンガの高い外塀が繋がっています。大仰に言えば、外からの侵入者に備えているかのような造りです。

気になりましたので、半年後に再訪したところ家人に話しが聞けました。「先々代が明治の終わりの頃、建てたものです。製糸工場を経営していたのですが……」

Img_7551

「片方で質屋もやっていたんです。中は1、2階とも沢山の棚があり、いろんな質草を保管していたのを見ていますよ」と話してくれました。

建て物の造りに対する疑問が氷解しました。それにしても改めて見ると、堅固な造りになっています。鉄扉もかなり頑丈に作られているのが分かります。

Img_3259_2

岡谷といえば明治以降、製糸業で栄えた街。繭価や生糸の乱高下があると金策に走る経営者もいたでしょう。堅固な造りとともに、遠目からも目につくレンガ蔵は利用客の目印にもなったことでしょう。

 

「昭和30年代に屋根瓦は葺き替え、入り口の鉄扉を塗り替えたのですが、他は修繕補修などはやっていません」とも話してくれました。

有に100年を超え今も堅固に建つレンガ蔵が、路地裏にひっそりと佇んでいます。

 

Posted in ハーブガーデンと安曇野の自然, 道草しながら… | Leave a comment

安曇野の「チョウの森」でオオムラサキが羽化する準備をしています

安曇野市の長峰山にある「チョウの森」では、これからいろいろな種類の羽化したチョウの舞い飛ぶ姿が見られる季節となって来ます。

先日僅かな時間でしたが、何種かのチョウたちの姿を見て来ました。

まず目にしたのは、前ばねに大きな目玉模様をつけたヒメジャノメ。少し薄暗い森の中では、よく見ないと見落としてしまいそうです。

Img_8385

ハナショウブの上ではねを休めているのは、ツマグロヒョウモンです。

Img_8434

なんでもツマグロヒョウモンの雄は見晴らしのいい山頂部で縄張りをつくり、飛来する雌との出会いを待つのだそうです。

ほかの雄が来るとスクランブルを掛け、占有地に立ち入らないように追い払うということです。

Img_8392

チョウの森は、北アルプスの峰々と安曇野を一望できる長峰山(標高934m)にあります。

山頂東側の森林の一区画を数年前から整備し、チョウが食樹とする草木を植えさまざまなチョウが飛来する自然環境づくりを進めています。

Img_8409

ミスジチョウです。昨年生まれた個体が越冬し、幼虫はイタヤカエデを食樹として大きくなりこの時期のみ発生するそうです。

Img_8425

国蝶のオオムラサキの幼虫が、エノキの葉を食べていました。一本のエノキに何匹いたでしょうか。食欲も旺盛で、ほぼ食べつくされた枝もあります。

Img_8402

これがやがて羽化して、あの大きくて美しい 紫色の翅をしたチョウになります。

Img_8401

昨夏、唸るような羽音に驚き、鮮やかな翅の色に感嘆しました。今年ももう少しすると羽化し安曇野の空を舞ってくれることでしょう。

Img_8438

もちろんモンキチョウやモンシロチョウもいましたし、カラスアゲハも元気良く飛んでいました。

Img_8446

カラスアゲハは高い位置をかなり早い速度で飛翔していましたので、撮ることはできませんでしたが…。

 

 

 

Posted in 安曇野の自然 | Leave a comment

漆喰細工を尋ねる旅-5   絢爛華美で色褪せしないサフラン酒造の装飾蔵(新潟県長岡市)

艶やかで大きく描かれた鏝絵の大作として名高い長岡市摂田屋の機那サフラン酒造です。

くしくも訪れた日が、中越地震からちょうど8年を経た日に当たりました。

Img_4588

中越地震は平成16(2004)年10月に発生した新潟県中越地方を震源としたM6.8の直下型の地震で、長岡市川口町では最大震度7の大きな揺れを観測しています。

死者68人、負傷者4,805人、家屋の全半壊は1万7000棟に上る大きな被害がでました。

Img_4646

惨禍はそれだけに止まりませんでした。翌年の1月下旬から2月上旬にかけて記録的な豪雪となり、所によっては4mを越える積雪量となりました。

地震で被害を受けた80棟近くの建物が積雪の重みで倒壊するという二次被害にも見舞われました。  

Img_4594

摂田屋でも機那サフラン酒造本舗の鏝絵蔵の漆喰壁が一部剥落したのをはじめ、多くの建物が傷ついてしまい長らく修復も進んでいませんでした。    Img_4598

ここに来て修復を終えて公開を再開したという話しがありましたので、この日ようやく都合をつけ訪れることになったのですが、震災から8周年になっていたということは念頭にありませんでした。

鏝絵蔵はすっかり修復され蘇っていました。

Img_4596

蔵に描かれた極彩色の鏝絵は、塗戸(ぬると)すべてにとどまらず、軒回り、楣(まぐさ)まで蔵全体に及びます。

そして、腰周り高く貼りめぐされたなまこ壁が絶妙に調和を保っています。

Img_4597

軒下には、頂上部の吉澤の吉の字を宝珠を模った中に入れた屋号を守護するように双龍が描かれています。

防火の願いを込めて描かれる龍の表情は険しくなく、和める印象を与えます

Img_4595

鏝絵は十二支をはじめとする17種の動物、霊獣、9種の植物を色調鮮やかに描き出しています。

Img_4602

正面東側の2階の塗戸に描かれているのが鳳と凰の2羽の神獣で、世の中が平和に保たれている時に姿を現わすという中国で生まれた伝説上の鳥で、鳥類の長とされます。

ベロ藍(ブルシアンブルー=ベルリン藍の訛)を使った鮮やかな紺青が目を惹きます。鳳凰は桐の木に宿し、竹の実を食べるといわれることから桐も描かれています。

Img_4601

同じ1階の左手の観音開きの塗戸に麒麟、右手に玄武が描かれています。

麒麟は鳳凰と同じく平穏治世のときに現れると言われ、殺生を一切せず 肉も植物も口にしないとされる神獣です。

Img_4599

鳳凰も麒麟も架空の動物なのですが、雌雄の別があるそうです。鳳は雄を、凰が雌で、麒麟も麒が雄、麟が雌を指すということです。

Img_4600

玄武は蛇を体に巻きつけるのが多いのですが、この蔵は扉上半部に蛇を配置しています。

蔵の裏手(北側)に回ると圧巻です。

塗 戸に鮮やかな色調で描かれた干支の動物たち、腰高く二回の梁まで張られた丸盛四半張りのなまこ壁、軒下に幅広く蔵を被うように描かれた唐草文、桟瓦葺きの 屋根に載る鯱の飾り瓦、漆喰壁の左右に取り付けられた折れ釘と、どれをとっても一つひとつが完成された美の世界を創っています。

日本海から湿った海風が吹き付けても、おそらくは開け放たれたままで閉められることがなかったであろう絢爛さを誇る塗戸の極彩色漆喰絵を見ていると、実用性よりも装飾性を最大限追求した土蔵の典型といえます。

圧倒されんばかりの艶やかさと調和のとれた美しさです。 

Img_4603

およそ窮乏生活に耐えた「米百俵」の土地柄に似合わない華美な装飾蔵です。

この蔵がある摂田屋は旧三国街道が走る要路であり、長岡藩の支配地から外れ幕府直轄の天領、しかも特別の格式がある上野寛永寺様御料地として酒や味噌の醸造で栄えたという歴史がありますので、そうした土地柄、地域性から来ているのかもしれません。

Img_4622

盛時には摂田屋だけで五軒の酒蔵が軒を並べ、長岡藩内の需要の七割をまかなっていたといいます。

そして、機那サフラン酒の創始者・吉澤仁太郎は薬用酒の醸造事業に成功し一代で財を築き上げた立志伝中の人物だったといいます。かつて薬用酒の世界では、「越後のサフラン酒」は「信濃の養命酒」と並んで勢力を二分する勢いだったそうです。

Img_4612

文久2(1862)年、貧農の二男として生まれた仁太郎は、25歳になった明治20(1887)年に摂田屋に来て、サフランの生産とサフラン酒を製造し竹筒に入れて販売したそうです。

家伝の秘酒・サフラン酒はサフランと10種ほどの植物抽出液をアルコールと混合し、疲労回復、滋養強壮、血の道、月経不順、冷え性などの薬効を謳い、行商に出たといいます。

Img_4613

商才に長け、奇抜なアイデアの持ち主だった仁太郎は、行商に出るとまず街の薬屋を訪れ、酒の試供品を置いてもらい、そのあと投宿した先で腹をおさえて苦しむ一芝居を打ったそうです。

気の毒がる女中を盗み見しながら「実は最近サフラン酒という薬があって、これが痛み止めに効くというからぜひ手に入れてくれ」といって試供品を置いた薬店まで走らせ、これを飲んで元気を回復するという自作自演劇を繰り返し、サフラン酒を広めたという話が伝わります。

Img_4615

やがて、新潟、酒田、さらには北海道各地へと日本海航路の北前船を利用して販路を広げ、昭和初期にはハワイまで販売網を拡張したそうです。

こうしてサフラン酒の醸造で財をなした吉沢仁太郎が建設したのが、この豪奢な鏝絵蔵です。事務所兼店舗に並んで豪邸も建っています。築年は大正15(1926)年だといいます。

Img_4605

北側(裏手)の扉に描かれているのは7面で、2階は向かって左から亥(猪)と笹、寅(虎)に竹、子(鼠)と万年青、丑(牛)に紅葉、1階は午(馬)に桜、戌(犬)に牡丹、未(羊)に芭蕉が描かれています。

Img_4609

午や丑には紅殻(ベンガラ)を用い、鳳凰や麒麟に使っているベル藍をはじめとする顔料は、長い年月の間風雨に晒されながらも今なお鮮やかな色彩を保っています。

Img_4608

ところで、この漆喰細工はサフラン醸造の近くに住んでいた河上伊吉という左官職人が制作したということは分かっているのですが、伊吉がどこで左官の修業を積み、誰に鏝絵の技と顔料の配合を学んだのかなど、これまでほとんど分かっていません。

これだけのものを遺した伊吉ですが、長岡市はじめ近隣に当然あっても不思議ではない伊吉の作品が、これまでのところ他に見つかっていません。

Img_4607

長岡の街は戊辰戦争と太平洋戦争終了直前の空襲で2度灰燼に帰しています。

B29爆撃機による焼夷弾の空襲を受け街の8割を焼失したといいます。このときに伊吉が描いた鏝絵も失われている可能性もあります。

Img_4637

南側の2階の開き戸にも鏝絵があり、酉(鶏)と菊、卯(兎)に松が描かれています。

Img_4639

さて、ここまできて十二支ですから足りない動物がいます。そうです、申(猿)と巳(蛇)がいません。なぜ伊吉は描かなかったのでしょうか?

塗戸が足りなかったからでしょうか、それとも描くにはばかる何かの訳があったのでしょうか?  

そうではなく、限られた塗戸や壁に何を描くかに当たって仁太郎あるいは伊吉は干支よりも四聖獣(四神)・五霊を描くことを重視したのではないでしょうか。四聖獣(四神)とは玄武(亀)・白虎(虎)・青龍(龍)・朱雀(鳳凰)の四体の瑞獣です。麒麟が入ると五霊となります。

Img_4638

日本では十二支に比べて四神・五霊が描かれているケースは限られていて、薬師寺の薬師如来(中尊)像の台座、高松塚古墳(朱雀が盗掘により欠損)壁画、キトラ古墳壁画などでしか見ることができません。

そして気を付けないと見落としてしまうのですが、室内の壁にも2点あります。

Img_4643

施錠されているため中へは入れませんが、ガラス戸越しに鶴と亀(玄武)、左手の壁に2羽の鶴と松が描かれているのが見えます。  

Img_4644

しかし、幾つかの資料を見ると大黒天、恵比寿の2柱も描かれているとあるのですが、これが見当たりません。やはり室内奥の壁に描かれているのでしょうか。

 

Posted in 道草しながら… | 1 Comment