Category Archives: 安曇野のいま

赤レンガ建造物を尋ねて-2   全国からの寄付金で建てられた碌山美術館(安曇野市)

安曇野市穂高にある碌山美術館は、穂高出身の近代彫刻の礎を築いた荻原碌山の作品を収蔵、公開しています。昭和33(1958)年に全国 30万人からの寄付金などにより開館にこぎつけました。 西洋中世風の小会堂を偲ばせる瀟洒な建 … Continue reading

Posted in 安曇野のいま, 道草しながら… | Leave a comment

赤レンガ建造物を尋ねて-1   はじめに

昨年6月30日、震度5強の地震が松本市を襲いました。少なくない家屋や施設が実害を被りました。 国の有形文化財に登録されている同市丸の内2丁目の旧山崎歯科医院の赤レンガ棟は、損壊を免れたものの壁にひびが入ったほか、壁面の一 … Continue reading

Posted in 安曇野のいま, 道草しながら… | Leave a comment

お船祭りの展覧会が開かれています

安曇野の祭りといえば春から秋まで各地区ごとに催される「お船まつり」が知られていますが、いま市内3カ所でお船に関連するイベントが開催されています。 各地域の人たちが船形の山車(だし)を造り、祭りの当日に町内を曳きまわし氏神 … Continue reading

Posted in 安曇野のいま, 道草しながら… | Tagged | Leave a comment

安曇野は朝霧が立ち込める季節になりました

安曇野は今、紅葉が真っ盛りですが、この時期は朝霧が立ち込めるころにもなります。 昨日は、安曇野周辺は深い霧に被われたり降霜したりしました。 ハーブスクエア・ガーデンのスズランノキは真紅に染まり見ごろなのですが、深い朝霧が … Continue reading

Posted in ハーブガーデン, ハーブガーデンと安曇野の自然, 安曇野のいま | Leave a comment

海を渡る蝶アサギマダラを見ました

「海を渡る美しい蝶がいる」という話しを聞いたのが、数年前。そのまま小耳にはさんで聞き流していたことに気づき、「これは一度、見ておこう」と出かけました。 行き先は、アサギマダラが吸蜜できるようにフジバカマをたくさん植え込ん … Continue reading

Posted in ハーブガーデンと安曇野の自然, 安曇野のいま, 安曇野の自然 | Leave a comment

地域外の人たちも御船を曳きました

安曇野・穂高の秋の祭り「御船祭り」は、先月27日大人船のぶつけ合いで終わりましたが、30日この御船祭りで曳かれた子供船を、特別に地域外の人でも曳くことができる機会がありました。 穂高神社に奉納される御船はいつもはその町内 … Continue reading

Posted in 安曇野のいま | Leave a comment

「安曇野の蝶」の細密画展が開かれています

安曇野市豊科の田淵行男記念館で、「安曇野の蝶」と題した田淵が描いた細密画の企画展が開かれています。       田淵行男(1905-1989)は、日本を代表する昆虫の生態研究家であり、自然写真家として多くの業績を遺しまし … Continue reading

Posted in 安曇野のいま | Tagged | Leave a comment

安曇野の御船子供祭りが催されます

安曇野の秋祭り「御船まつり」は、今月26(水)、27(木)の両日、開催されますが、これに先立ち「子供まつり」が8(土)、9(日)の両日に開かれます。       この祭りには、子供船が3艘出ます。9日午後、御船に乗った子 … Continue reading

Posted in 安曇野のいま | Leave a comment

長野道豊科ICが「安曇野IC」に名称が変わります

長野自動車道の豊科インターチェンジが、今秋10月7日(日)から「安曇野インターチェンジ」に名称が変わります。 長野道が開通した昭和63(1988)年以来、インター名称は旧豊科町に由来して付けられましたが、平成17(200 … Continue reading

Posted in 安曇野のいま | Leave a comment

松本・神宮寺で「原爆の図」が展示されています

松本市浅間温泉3丁目の神宮寺本堂で、画家の故・丸木位里、俊さん夫妻が描いた「原爆の図」の展示会が開かれています。       原爆はもちろん、武力による破壊行為のない平和な世を願って毎年、埼玉県東松山市の丸木美術館から借 … Continue reading

Posted in 安曇野のいま | Tagged | Leave a comment